トヨタ生産方式は、常に改善を目指すため、

働く人にはつらい方式ですが、職場を守るためには強い会社が必要なのです。





あなたの仕事が変わる トヨタ式「視える化」読本

通勤電車で読むトヨタ式「視える化」読本
若松 義人 トヨタ式経営をベースにした若松メソッド経営研究会
宝島社 (2006/03)


(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)


■著者紹介・・・若松 義人

 1937年生まれ。トヨタ自動車入社後、生産、原価、購買の
 各部門で大野耐一氏のもと「トヨタ生産方式」の実践、普及に
 努める。84年以降は、他社でトヨタ式の導入・実践にあたる。
 91年より大宇自動車顧問。92年にカルマン設立。

●トヨタ式を一言でいうと、常に進歩(カイゼン)しながら、
 目標をイメージし、それをビジュアルに書き、見える場所に
 貼り付ける・・・というものです。

 ・長期的な目標やキャリアプランを考えるなら、漫然とイメージする
  のではなく、具体的な日付を入れて計画するべき。トヨタ式では
  「就業10年」を前提にした育成計画を用意する。(p51)


●これはいわゆる成功法則の本に書いてあることと同じです。

●そう考えると、成功法則と同じように、
 問題となるのはそれを実践できるのか、ということです。
 実践させるポイントは、視えるところに貼るということ。

 ・個々人の役割を星取り表で明確にする。現時点での到達度を
  ビジュアルで示すことで、能力が足りない人には危機感を
  抱かせることができる(p35)


●この本はたったの600円です。
 実践できれば、個人であれば数千万円単位、
 企業であれば数億円単位で利益が上がるでしょう。


●しかし、問題は実践できるのかということですから、
 そこにコンサルタントが1日数十万円の料金で雇われる
 価値があるのでしょう。


●非常に効果があり、簡単そうにみえてなかなかできないことを
 とりまとめた本書は600円では安すぎます。

 一つでも実践すれば数千倍、数万倍となってかえってくるでしょう。
 様式例がふんだんに盛り込まれているので、★4つとしました。

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・コスト削減といわれても全体で見ると、どこから削減していいのか
  途方に暮れてしまう。だが、一個単位で考えて費目別に見ていくと、
  どこに削減する余地があるのかが「視える化」される。(p159)


 ・かつてトヨタでは叱られたときにサンキューカードを手渡していた。
  自分を見守り成長の機会を与えてくれてありがとうという
  気持ちを込めてのこと。(p171)


 ・「A3用紙1枚」原則で要点を絞る(p101)

「トヨタ式「視える化」読本」若松 義人(監修)、宝島社(2006/3) ¥590
(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)

■関連書籍

 ・★★★★「トヨタのできる人の仕事ぶり」石井 住枝⇒ http://tinyurl.com/q4kke
 ・★★★★トヨタはいかにして「最強の社員」をつくったか⇒ http://tinyurl.com/rnjon
 ・★★★★「トヨタ式改善力」若松義人、近藤哲夫⇒ http://tinyurl.com/r6o2p

【トヨタ生産方式とは】
大野耐一らが体系化したムダの排除、ジャストインタイム、改善などを柱とした生産方式。

そのほかにも、カンバン方式、多能工、自働化、あんどん、カタログエンジニア、混流生産、作業標準など数多くの手法、キーワードを作っている。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら