トヨタ生産方式は、常に改善を目指すため、

働く人にはつらい方式ですが、職場を守るためには強い会社が必要なのです。





トヨタ流自己改善力―「知恵」に限界はない!

トヨタ流自己改善力―「知恵」に限界はない!トヨタ流自己改善力―「知恵」に限界はない!
若松 義人
経済界 刊
発売日 2004-01
価格:¥1,680(税込)




トヨタが強いはずです 2005-06-27
トヨタの社風として、全従業員が常に問題意識を持ち、業務改善の工夫を行っている。その小さな積重ねが、大きな成果となって表れている。何か大きなことを成し遂げるときには、一発逆転的に何かを行うのではなく、常日頃の細かな意識・習慣にあるということを実感させてくれる内容であった。


■続きを読む


この記事は2006/5/31に作成しました。

【トヨタ生産方式とは】
大野耐一らが体系化したムダの排除、ジャストインタイム、改善などを柱とした生産方式。

そのほかにも、カンバン方式、多能工、自働化、あんどん、カタログエンジニア、混流生産、作業標準など数多くの手法、キーワードを作っている。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら