トヨタ生産方式は、常に改善を目指すため、

働く人にはつらい方式ですが、職場を守るためには強い会社が必要なのです。





トヨタ流「最強の社員」はこう育つ―強者が「あたりまえ」に実践していること!

トヨタ流「最強の社員」はこう育つ―強者が「あたりまえ」に実践していること!トヨタ流「最強の社員」はこう育つ―強者が「あたりまえ」に実践していること!
若松 義人
成美堂出版 刊
発売日 2005-03
価格:¥1,365(税込)




トヨタを知る 2005-07-09
このトヨタ流・・を読めば働き方が変わって来るのではないだろうか。
数々の上場自動車産業企業があるなかで、トヨタの社内方針は
特異であるとよく聞いていたが、企業マネジメントの筆者の
見聞や実体験によるトヨタの体制は目に見えるようにわかる気がする。
たとえトヨタに就きたいわけでなくても、本気で自分を試したい人に
この本は良い後押しになるのかもしれない。


■続きを読む


この記事は2006/5/31に作成しました。

【トヨタ生産方式とは】
大野耐一らが体系化したムダの排除、ジャストインタイム、改善などを柱とした生産方式。

そのほかにも、カンバン方式、多能工、自働化、あんどん、カタログエンジニア、混流生産、作業標準など数多くの手法、キーワードを作っている。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら