トヨタ生産方式は、常に改善を目指すため、

働く人にはつらい方式ですが、職場を守るためには強い会社が必要なのです。





「トヨタ流英語上達術」スティーブ・モリヤマ、ソフトバンクビジネス(2005/2)

トヨタ流・英語上達術
スティーブ・モリヤマ
ソフトバンククリエイティブ (2005/02/26)
売り上げランキング: 17,200
おすすめ度の平均: 5
5 現場の英語

(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です


●著者紹介・・・スティーブ・モリヤマ

 プライスウォーターハウスクーパース・ベルギー事務所取締役。
 ここ十年はトヨタ担当・汎欧州日本人サービス・リーダー。イングランド・
 ウェールズ勅許会計士協会正会員、ベルギー王国・税理士協会正会員。


●数多くのトヨタ関係の本を読んできましたが、この本ほど、本当に
 トヨタで働く人たちがどのように考えているのか理解できるものは
 ありませんでした。

 ・トヨタでいう「問題」っていうのは、端的に申し上げると、「経営陣
  の決めた水準(目標値)と現実の乖離」のことなんです。(p15)


●例えば、「見える化」「標準」などを解説する本で、手法は理解
 できます。しかし、実際のトヨタマンがどうとらえているのか、
 生きた感覚でとらえることができたのは、インタビュー形式の本書の
 利点でしょう。

 ・ものごとを「見える化」して、標準をつくって、そして現状との
  ギャップを埋めて、その標準をより高いところに持っていく、
  そうした改善プロセスを繰り返すのがトヨタ式問題解決方法
  なんです。(小西工己)(p148)


●6人のトヨタ社員との会話の中から、ぽろぽろと出てくる体験談が、
 これまた、非常に勉強になりました。

 ・工場勤務だったNUMMI勤務時代の話ですが、着任当日、ポケット
  に手を突っ込んで歩いていたら、「誰だお前、ポケットに手を突っ込ん
  どるのは!」と遠くから怒鳴り声が聞こえてきまして・・・(p92)


●もちろん英語学習の参考にもなるのですが、その答えはシュリーマンの
 もので十分でしょう。私もこの方法で現在ロシア語を勉強中です。

 ・わたしはあらゆる言語の習得を容易にする一方法を発見した。・・・
  非常に多く音読すること、決して翻訳しないこと、毎日一時間をあてる
  こと、つねに興味ある対象について作文を書くこと、これを教師の
  指導によって訂正すること、前日直されたものを暗記して、次の時間に
  暗誦すること(『古代への情熱』シュリーマン、岩波文庫)(p113)


●英語の本でありながら、トヨタの社員ががどのように考えて仕事を
 しているのか、どのようにトヨタは社員を鍛えているのかが、
 よく分かる一冊ということで★4つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・男は昼間は言い訳するな。夜さめざめと泣けばよい
  (東自動車工業・川内会長)(p93)


 ・会議の前に議事録を作ってしまうんです。(佐々木卓夫)(p188)


 ・God gave burdens, also shoulders.
  神は、超えられない試練を人には与えない
  (東欧ユダヤ社会の格言)(p225)


 ・「どうしたら英語が上達するのか?」という質問を、わたしはこれまで
  何度受けただろうか。そのたびに
  「原書を一冊読破されてはどうでしょうか」と答えてきた。(p44)


 ・これまでトヨタの人たちの話を伺ってきましたが、総じて共通する
  英語上達の秘訣は、・・・大きなプレッシャー下にみずからを置き、
  火事場の馬鹿力を発揮して短期間に外国語を習得すること(p247)

「トヨタ流英語上達術」スティーブ・モリヤマ、ソフトバンクビジネス(2005/2)
¥1,575(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)


【トヨタ生産方式とは】
大野耐一らが体系化したムダの排除、ジャストインタイム、改善などを柱とした生産方式。

そのほかにも、カンバン方式、多能工、自働化、あんどん、カタログエンジニア、混流生産、作業標準など数多くの手法、キーワードを作っている。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら